キリスト教 教育

   
 
 
 
「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」
(コリントの信徒への手紙- 13章13節)
 
 
 
 
キリスト教に基づく人格教育
 千葉英和高等学校の教育の土台は聖書です。一人ひとりにかけがえのない存在としての価値が与えられていることを知り、神に愛されている者として他者との違いを喜んで受け入れ、それを尊重し、真に平和な世界の形成者となることを目指しています。
 
 教育理念(建学の精神・校訓等)についてはこちら 
 
礼拝
 毎週月曜日に学校礼拝の時間があります。
 チャペルにて讃美歌を歌い、聖書の朗読や説教に耳を傾け(傾聴)、自らを省みて(内省)新たな一週間をスタートする時です。
 礼拝は講師の方をお招きしての特別礼拝や、宗教系クラブ(聖歌合唱部・ハンドベル部・オルガン奏楽部・聖書研究部コイノニア)を中心に行われる賛美礼拝、キリスト降誕劇を中心としたクリスマス礼拝「英和のクリスマス」などもあります。
 
聖書の学び
 聖書は、世界のベストセラーで今なお多くの人に読まれ、影響を与え続けています。
 1年次と2年次に週2時間、聖書の授業があります。本校ならではの教科です。
 1年次には、「人間(自分)とは何ものなのか」を一緒に考えます。2年次には、「生きる」ということを探求しつつ、自分の進むべき道で何を最も大切にしなければならないかを求めながら聖書の思想に迫ります。
 一方的な講義形式ではなく、自ら考え、対話をし、研究発表を通して互いに学び合うときです。
 

礼拝 説教

礼拝 説教
フォーム
 
創立76周年記念礼拝「愛はすべてを完成させる絆」
2022-04-18

あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。

(コロサイの信徒への手紙 3章12〜14節)

 

 みなさん、おはようございます。本日は来る4月24日の日曜日が千葉英和高等学校の創立76周年目であることを記念した特別礼拝となります。新入生の皆さんには入学式の時に少しだけ創立当初のことをお話しましたし、在校生の皆さんには機会のあるときに話をしてきましたが、この毎年おこなわれる創立記念礼拝では、戦後まもなく創立された千葉英和高等学校の前身である聖書学園の創立当時の様子に想いを馳せながら、そこから現在まで続いている本校の教育の営みを辿り、今を生きる私たちに受け継がれているものを、皆とともに共有したいと思います。

 学園の創立者である中田羽後先生は、現在の青山学院大学を卒業し、牧師として、また音楽の教師として活躍されました。また今私たちが手にしている『賛美歌21』の前に日本国内で広く使用され、今でも一部の教会では使われている『賛美歌第二編』という賛美歌集において沢山の歌詞を提供している作詞家でもあります。また年配の方であれば大抵知っている童謡の「おお牧場はみどり」の作詞家としても有名です。この中田羽後先生は、日本中の街が米国の絨毯爆撃によって一面焼け野原の廃墟となってしまった様子を眺めて、これから日本が再建されるためには国民に祈りと音楽が必要であるとして学校をつくることを思い立ちました。

 そこにNHK(JOAK)初代ラジオアナウンサーであった大羽仙外(本名大羽儔)先生が加わり、資金集めや学校運営を担当し、GHQで通訳をしていた中田羽後先生の妻であった中田あさの取次によって現在自衛隊の基地がある千葉市若松町の陸軍航空隊下志津学校の跡地がGHQから与えられ、学園は創立されました。また戦地から引き上げてきたキリスト者によって学校の敷地内にはクリスチャン村が形成され、一時、国内のキリスト者が集う稀有な学校となる創立期となりました。

 現在の千葉英和高等学校の前身となる聖書学園は中等部や高等部、短期大学部の3つからなり、元々は牧師を養成する神学校を設立するためにプロジェクトが始まりました。それが広く門戸を開いた学校としてスタートし、千葉県最初の高等学校として、また共学校となりました。現在、学園の運営に携わってくださっている卒業生は、元同窓会会長の5期生以降の人たちとなっていますが、今でも当時のことをあれこれ楽しそうにお話してくださっており、そのいずれもが大変興味深いお話です。

 一昨年の創立記念礼拝では、本校の生徒・教職員に英語学習ブームが起こることとなったきっかけのエピソードを紹介しました。昨年は、本校が長く続けていた給食制度の始まりについてのお話をしました。今年は学校キャンプについてのお話をして、本日の聖句と共に、「真に平和な世界」を目指す学校法人聖書学園千葉英和高等学校の私たちの過去から未来へと続く営みと絆についてお話したいと思います。

 さてここ数年は、コロナ禍であることから人混みをさけて自然の中での活動が増え、日本国内ではキャンプ・ブームが起きています。家族と過ごすファミリーキャンプや、仲間とのグループキャンプに加えて、「ゆるキャン」というアニメがヒットしたことから一人でキャンプするソロキャンプも増えているように思われます。本校で実施された学校でおこなうキャンプは、教育活動でのキャンプという枠組みで調べてみますと日本でも最初期におこなわれており、千葉県では本校が最初におこなっています。石黒先生が当時の資料から執筆された『創立70周年記念誌』にこの学校キャンプについて記したページがあり、そこには第1回夏期キャンプが1947(昭和22)年7月に、戦時中は大日本帝国陸軍の要塞であった千葉県富浦町大房岬(現在もキャンプ場としてあります)にて開かれたと記されています。

 この夏期キャンプは、本校の校訓である三愛精神を「信仰」「奉仕」「勤労」という観点から身を持って本校生徒が経験するために実施されました。このキャンプでは、中等部と高等部の全生徒が縦割りグループで参加し、引率教員の中にはキャンプ支援のために長期に現地に滞在する人もいたようです。またキャンプ道具としてのテントと寝袋は、学校に残されていた軍隊用のものを使用していました。

 朝夕には礼拝があり、賛美歌を歌い、祈り、聖書を開き、説教を聞く。食事の前には「日々の糧」を歌い、祈り、感謝と共に食事をいただいた。勉強の時間があり、作業があり、キャンプソングを歌い、日常から離れて自然の中で、仲間と共にその時を過ごしたのです。3代前の副校長であった金谷和子先生は本校の卒業生であり、当時を振り返り「キャンプソングを歌い、礼拝・勉強・作業と1日に決まったスケジュールをこなし、疲れもありましたが平和になった日々を大いに満喫したものです」と語っています。

 この夏期キャンプは、1965(昭和40)年に長野県の蓼科高原に山荘を取得するまで場所を変えながら続けられ、その後も蓼科山荘にて1971(昭和46)年まで合計25年間続けられました。現在はコロナ禍により残念なことに中止となっていますが、2000年代に入り、4月におこなわれるようになった新入生宿泊研修は、仲間と共に自然の中での祈りと体験をおこなうべく始められましたが、これはかつておこなわれて来た夏期キャンプを受けてのものであります。

 私が創立当初を知る卒業生の方々から聞いた夏期キャンプの話でもっとも興味深かったのは、生徒が縦割りグループであり、食事づくりは自分たちで作らなくてはならず、先生方は周囲で見守っていてくださるが手伝ってはくれないので、先輩方が上手に仕事を分担し指示を出し、また後輩たちがそれに答えて役割を行えないと、それこそご飯が食べられなかったというものです。まわりのグループは食事をしていても、自分たちのグループは上手にご飯ができなくて食べられなかったんだと笑いながら話してくれた卒業生の方もいました。戦後まもなく開かれたキャンプでは、食材も大変貴重なものでしたから、それらすべてに感謝し、余すことなく調理していただくことはとても大事なことだったんですよね。今なら先生方がご飯をわけてくれたりしそうですが、当時は本当に自分たちでなんとかしなくてはならなかったそうです。これは、一人の人間として自律した精神を養うためのルールであると思うのですが、それぞれが自らの役割をしっかりしなければならないということをそれこそ身にしみて理解することになったのでしょうね。

 こうしたキャンプでの学びは、ある意味で世界の縮図としてのキャンプ活動をとおして、自分たちの存在を問い直すことにもつながっていると思います。この世界では、私たちは色んな役割を担っています。またそれぞれがそれぞれのやるべきことを行い、それが組み合わさっていくことで成り立っています。人は時に自分のことのみに固執すると対立を生み出したりもしますし、互いが感情的になったりもします。その究極の形が戦争なのだと思います。

 最後に本日の聖句を皆で見ましょう。コロサイの信徒への手紙 の3章12節から14節には、「あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。」とあります。「真に平和な世界」を求める千葉英和高等学校の私たちは、神を愛し、人を愛し、土を愛す、三愛精神に基づき、自己を確立し、奉仕の精神を持ち他者と関わり、自然との共生を意識し、愛を学び、考え、実践し、私たちに与えられた命の意味を考えていきます。この考え方は、創立期から現在まで76年間続いてきた私たちの絆です。既に本校の卒業生は2万人を超えました。世界の人口からすればささやかな数かもしれません。しかしこの世界のあちこちに三愛精神を知る人たちがいます。そしてこれからも三愛精神を知る仲間は増え続けていくことでしょう。豊かな愛を知る人たちが増えることでこの世界が「真に平和な世界」となるその日まで、その日を信じ、忍耐強く、私たちは生きていきましょう。

 

 祈ります。皆さん、祈りの姿勢をとってください。ご在天の父なる神様。学園の皆で集う新しい朝を与えていただき感謝します。本日は、ここに集う皆で創立期に想いを馳せ、そして私たちが「真に平和な世界」を求める過去から現在へとつながる絆を学びました。私たちがその日を実現するために、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を、これらすべてに加えて、愛を身に着けることができるよう、あなたのお導きをお与えください。この小さき祈り、イエス・キリストの御名をとおして御前に御捧げいたします。アーメン。

 

千葉英和高等学校

校長  大羽 聡

 
2022年度前期始業式「新しく生きる」
2022-04-07
だから、キリストと結ばれる人々はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。コリントの信徒への手紙二 第5章17
 
 皆さん、おはようございます。今日から2022年度が始まります。新たな1年の始まりの日に、こうして学園の皆が集い、そして共に祈ることができることを感謝したいと思います。また明日は入学式です。皆さんの後輩たちが新たに入学してきます。今年の新入生は488名と、大人数での入学となります。部活動や委員会などで新入生と接することがあると思いますが、英和生の先輩として、どうか彼らを良く導いてあげてください。また彼らに負けないように皆さんも精一杯、学園での学びを尽くして欲しいと思います。
 さて本日は、キリスト教においてとても大切にされているイースターについて少しお話をしてみたいと思います。ちなみに今年のイースターは4月17日の日曜日ですが、このイースターとは「復活祭」のことを指します。十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、3日後に復活したことを祝うお祭りで、キリスト教においてはクリスマス以上に重要なイベントなんです。ただ、ちょっとややこしいのですが、このイースターは日本の祝日のように日にちが決まっていないのです。ではイースターの日はどのような考えで決められるかというと、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」という決まりからその年その年で日取りが決まるのです。今年であれば春分日が3月21日で、その後の最初の満月の日が4月17日です。そしてその日が日曜日なので、先程も述べたように今年のイースターは4月17日の日曜日になるのです。加えて更にややこしいことがもう一つありまして、キリスト教の宗派、私たちの学校はプロテスタントですが、他にもカトリックや正教会、聖光会などでも日付が異なっています。
 ちょっと話がそれますが、イースターは古代ゲルマン神話の春の女神の名前「Eoster(エオストレ)」に由来するとされています。これは、イエス・キリストの復活と、春を象徴する女神のイメージが共通するからとされ、イースターには春の訪れを祝う意味も含まれています。またモアイ像で有名な「イースター島」は、1722年のイースターの日(4月5日)に発見されたことにちなんでいるそうです。
 ちょっとイースターについて簡単に説明をしましたが、このイエスの復活について色々な考え方があるのは既に皆さんも聖書や礼拝の時間を通して知っているかと思います。肉体的な意味で死から復活したと考える人たちがいます。新たな生を受けたと考える人たちもいます。皆さんの中にはちょっと俄には信じられない人もいると思います。2千年前のことを私たちは実際に見聞きすることはできませんから、どのように捉えるかは皆さんの自由です。私はイエスの死に際して、お弟子さんたちは自分の保身のためにある意味でお師匠さんを売った、つまりその存在を知らないとした、自分の中でイエスの存在を無かったことにしたと考えています。それが3日後に復活したというのは、肉体的な意味においては私には正直わかりません。でもイエスが訴えてきたこと、すべての人たちが祝福された、認められた存在なのだということ。また本質を見極めることの重要さやその他にもそれこそ人の生き方に影響を与える教えが数多くあったと思います。それらすべてを一度はお弟子さんたちは知らないと言ったのですよね。でもイエスが自らの主張を言い続けたために十字架にかけられ処刑され、その壮絶な最後を目にして、弟子たちは何を思ったでしょうか。私はイエスに導かれた人たちは、イエスの教えまでもは否定できなかったのだと考えています。自分の保身を図ったとしてもイエスのいう言葉によって自分が生かされた事実は否定できなかったんじゃないかと思うのです。つまりは一度は存在を否定したものがもう一度それぞれのお弟子さんたちの中で立ち戻ってきたのではないかと考えるのです。イエスの言葉によって新たに生かされた彼ら自身の存在があることを否定できないからです。今皆さんはここにいます。その皆さんの中にある皆さんを形作っている考えは、ある意味で皆さんそのものです。その己自身を否定することはできないということです。イエスの言葉は生きており今持って私たちに対して働きかけているのです。
 ここで本日の聖句を今一度、見てみたいと思います。この第二コリントの5章17節には「だから、キリストと結ばれる人々はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。」とあります。
 私たちはキリストと聖書の御言葉を通して相対します。生前のイエスは何が言いたかったのでしょうか。イエスはあなたはあなた自身で良いと言われました。人はそこから考えて歩みだし新たなスタートを切るのです。古いもの、過去は過ぎ去りました。今の私たちにはもう関わりのないものです。そしていつまでもつきまとってくるものではないのです。イエスとどのような形であれ向き合った人は皆変えられるのです。
 使徒言行録に足の不自由な男の話があります。ペテロとヨハネが神殿を訪れたときに、生まれながらに足の不自由な男の人が運ばれてきます。その男が二人に施しを乞うたときにペテロはこう言います。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」と。
 私たちに投げかけられた言葉は、私たちの決意を促すきっかけです。金や銀といった財宝ではないけれども、2千年の時を越えて意味のある、価値のあるものなのです。愛によって生きること。愛されている自分を信じること。他者を、この世界を愛すること。こうした愛の教えは、私たちを何度も何度も奮い立たせてきました。生まれながらに足の不自由な男が立ち上がったという話は、自分の人生に絶望した人が、自分の人生を新たにスタートしようとしたのだと思います。
 よく高校デビューとか大学デビューという言葉を聞くことがありますよね。それまでの自分から変わろうとして、どこかずっこけていることをユーモラスに表現しているのですけど、私はこのデビューという行動、大いに結構なのではないかと思っています。何故ならば、進学を機に自分を変えようとした行いが、周囲にデビューとして映るのですけど、何も悪いことではないのではないかと思います。見た目の変化であれば過去を知る人が少ないタイミングでというのもあるのかもしれませんが、自分の生き方という点ではそれこそ高2デビューでも高3デビューでも全然構わないのではないでしょうか。過去を投げ捨て未来に向けて今の自分を変えようとするデビュー、皆さんだったらどのようなデビューを飾りますか? 年度の頭、まだ授業はすぐには本格化しません。是非とも考えて欲しいと思います。皆さんの人生にとって意味のあるデビューに、期待したいと思います。
 以上を式辞とします。
 
千葉英和高等学校
校長  大羽 聡
1
 

入試での優遇制度について

入試での優遇制度について
 
牧師・教会推薦(高校入試)
 本校のキリスト教主義に基づく教育方針を深く理解し、それに貢献できるキリスト教信者、または求道者(洗礼を受けて
いないが定期的に教会に通っている者)の受験生は、特別の基準がありますので、募集要項の4ページをご覧のうえ、本校の宗務長(チャプレン)に直接連絡してください。
 
 
指定校推薦・キリスト教学校教育同盟校推薦(大学入試)
 年度によって多少変わりますが、昨年度の指定校の一部がスクールガイドに載っています。
 校内で選抜し、学校長が推薦します。キリスト教学校教育同盟校推薦はクリスチャンもしくは求道者であることが条件ですが、中には条件を課さない大学もあります。
 指定校推薦を利用できるのは総進文理コース・特進文理コース・英語科の生徒のみです。
 
<<学校法人 聖書学園 千葉英和高等学校>> 〒276-0028 千葉県八千代市村上709-1 TEL:047-484-5141 FAX:047-487-5466