キリスト教 教育

   
 
 
 
「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」
(コリントの信徒への手紙- 13章13節)
 
 
 
 
キリスト教に基づく人格教育
 千葉英和高等学校の教育の土台は聖書です。一人ひとりにかけがえのない存在としての価値が与えられていることを知り、神に愛されている者として他者との違いを喜んで受け入れ、それを尊重し、真に平和な世界の形成者となることを目指しています。
 
 教育理念(建学の精神・校訓等)についてはこちら 
 
礼拝
 毎週月曜日に学校礼拝の時間があります。
 チャペルにて讃美歌を歌い、聖書の朗読や説教に耳を傾け(傾聴)、自らを省みて(内省)新たな一週間をスタートする時です。
 礼拝は講師の方をお招きしての特別礼拝や、宗教系クラブ(聖歌合唱部・ハンドベル部・オルガン奏楽部・聖書研究部コイノニア)を中心に行われる賛美礼拝、キリスト降誕劇を中心としたクリスマス礼拝「英和のクリスマス」などもあります。
 
聖書の学び
 聖書は、世界のベストセラーで今なお多くの人に読まれ、影響を与え続けています。
 1年次と2年次に週2時間、聖書の授業があります。本校ならではの教科です。
 1年次には、「人間(自分)とは何ものなのか」を一緒に考えます。2年次には、「生きる」ということを探求しつつ、自分の進むべき道で何を最も大切にしなければならないかを求めながら聖書の思想に迫ります。
 一方的な講義形式ではなく、自ら考え、対話をし、研究発表を通して互いに学び合うときです。
 

今週の説教

今週の説教
フォーム
 
囚われからの解放
2021-10-01

 先週の前期終業式では皆さんと「与えるということ」について共に深めて参りました。本日は「囚われからの解放」と題して、本校の掲げる校訓である三愛精神における愛と聖書にある「ユルス」との兼ね合いから、皆さんと共に、私たちが他者から傷を受けたり損失を被ったりするとき、相手に対しての否定的な感情を抱き、憎しみや妬み、恨みに自らの心が囚われてしまうことについて、皆さんと考え、最終的には、「ユルス」という行為を通じて、自らの心を解放し、本校が目指す「真に平和な世界」へと向かっていくことを考えていきたいと思います。

 本日の聖句は、旧約聖書のミカ書の中の一節ですが、普段なかなか旧約聖書に触れる機会もないので、本日は敢えてこの箇所を取り上げさせていただきました。この箇所は、私たちの罪をお赦しになる神であってさえ、怒りを覚えることが明記されているとても興味深いものです。しかし、その怒りは、私たちを慈しむが故に持続しないとも書いてあります。また最後には、すべての罪を海の深みに投げ込まれる、とありますが、古来、私たち人間は海によって多くのものを洗い流してきました。神も海で私たちの罪を洗い流すというのはなんだか不思議な気がしますね。

 まず、聖書に出てくる2つの「ユルス」という言葉を整理したいと思います。この言葉はいくつかの意味を持ちますが、特に「過失や失敗を責めないでおく。とがめないでおく。」ということを中心に扱っていきます。この「ユルス」には2つの漢字が当てられますが、一つは言偏(ごんべん)の「許す」であり「許可」という熟語に使われている字です。またもう一つは赤偏(あかへん)の「赦す」で「恩赦」などの熟語に使われています。言偏の許すは許容や妥協が含まれており、私たちの人としての限界が垣間見えます。しかし赤偏の赦すは、いっさい根に持たないというものであり、これは私たちにはとても難しいものであるように思えるのです。

 さて、他者によってみなさんが傷つけられたり損失を与えられたりしたとき、私たちの心は、怒りや憎しみ、恨みといった負の感情に囚われてしまうことがあります。厄介なことには、こうした感情はだんだんと強まっていき、ますます皆さんの心を蝕んでいきます。この相手が犯した悪事や罪を、本当に全てユルスことができるか。言い換えてみると、忘れることができるのかとしても良いかもしれません。過去に他者から受けた傷や損失を繰り返し思い出してしまうのなら、恐らくユルシているとは言えないのではないでしょうか。このユルシていない状況とは、自分の中にわだかまりがあり、納得できていないという大変精神的に苦しい状態です。また無理に許そうとしても、ストレスが生じ、許せないまま我慢したり、ごまかしたりしていると、この負の感情が強い憎しみに変わり、みなさんのトラウマになる恐れがあります。やがてはそのユルスことができない相手と似たタイプの人にさえ過剰反応するようになってしまいかねません。人によっては一生こうしたものを抱えて死んでいく人たちもいます。こうしたお話はネット等でも色々と知ることができますが、見ている私たちでさえこの負の感情に揺り動かされてしまいます。凶悪犯罪の犯人などへの憎しみは、まさに社会全体が負の感情に囚われてしまっているとも言えます。

 この苦しい心の内にありユルスことができないとき、無理にユルソウとしたり、我慢したり、ごまかすのではなく、相手とのコミュニケーションを深めるきっかけとし、素直に、かつ冷静に自分の気持ちを伝えてみるのはどうでしょうか。自分が傷ついたことを説明し、相手の話をじっくりと聞き、折り合うことは難しいかもしれないが、お互いの立場の違いを理解することはできるかもしれないのです。物理的にコミュニケーションができずとも、相手のことを考えていくと納得はできないまでも理解の手がかりが見つかってくると思います。

 理解することは相手を許す第一歩、相手の生い立ちや、相手の置かれている状況を知るときに、責める気持ちが理解する気持ちに変わり、許す気持ちに変化する。更に許しから赦しに至るためには、私は神(自己)との対話が必要であると感じています。私たちの多くの罪を赦してくださる神の御前に立つ時、自らの存在そのものが愛され赦された者であるとの理解に至ったとき、自らの傷が癒やされ、人を赦すことができるようになるのではないでしょうか。許しも赦しも本校の掲げる愛に関係します。聖書に出てくる愛には痛みが伴います。しかしその愛が自己の心を解放し、自らを幸福にするのです。

 つまり許すとは相手へのものではなく、自分の中の平和(旧約聖書の原語であるヘブライ語ではシャロームといいます)を実現するためのものなのです。こうした一人ひとりの中の心の平和というものが、本校の目指す「真に平和な世界」の一助になると私は考えます。

 

千葉英和高等学校

校長  大羽 聡

 
「時に適って美しい」
2021-09-13

神のなされることは皆その時にかなって美しい。

マルコによる福音書14:3-9 

 

 あるとき、イエスがある村の「重い皮膚病の人シオン」の家でご飯を食べていました。すると一人の女性が、純粋で非常に高価な「ナルドの香油」と呼ばれる香油が入った壺を壊し、そのすべてをイエスの頭に注ぎかけました。

 香油というのは、その名の通り良い香りのする油です。頭に塗って清めたり、良い香り付けをしたりするものです。この女性は、壺から数滴たらしてイエスにかけたのではありません。壺を割って、すなわち、その全てをイエスの頭に注ぎかけたのです。しかもこの香油は「ナルドの香油」。これは大変高価な物であったようです。

 イエスの周りに居たのは貧しい女達であり、この女性も裕福であったとは考えられません。従ってこの香油を買うためには、コツコツと毎日毎日お金を貯めたということが考えられます。食費もままならない中、彼女は、自分が来たるべき時に使うためにコツコツとお金を貯めていた。言い換えれば、力をためていたのだと思います。

 そしてイエスに出会った時、彼女は「今こそ、使うべきだ!!今まで蓄えてきたものを使うべき時が来た!」そう悟って、惜しげもなく一気に力を使ったのだと思います。

 聖書には次のような言葉があります。省略しながら、日本語の口語訳聖書という書物から引用します。

 天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。生るるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、殺すに時があり、いやすに時があり、こわすに時があり、建てるに時があり、泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時がある。神のなされることは皆その時にかなって美しい。(コヘレトの言葉3章1節ー)

 

 今は、コロナの中にあって「何の時なのでしょうか」。もしかしたら、あなた達が来たるべき時に備える時なのかも知れない。いつか来る日のために、どんと使うために力をためるときなのかも知れません。

 力を使うべき時が来て、あなたがその力を使ったとき、周りから「なんでそんなことのために!!勿体ない」と言われるかも知れない。でもそんなことは、周りには関係ない。自分が「ここが力の使いどころだ。私の力はここで使う!!」と思った場所で、思った時にあなたの力を使って下さい。そして今は、存分に力を蓄えて下さい。

聖書科 T・N

 

入試での優遇制度について

入試での優遇制度について
 
牧師・教会推薦(高校入試)
 本校のキリスト教主義に基づく教育方針を深く理解し、それに貢献できるキリスト教信者、または求道者(洗礼を受けて
いないが定期的に教会に通っている者)の受験生は、特別の基準がありますので、募集要項の4ページをご覧のうえ、本校の宗務長(チャプレン)に直接連絡してください。
 
 
指定校推薦・キリスト教学校教育同盟校推薦(大学入試)
 年度によって多少変わりますが、昨年度の指定校の一部がスクールガイドに載っています。
 校内で選抜し、学校長が推薦します。キリスト教学校教育同盟校推薦はクリスチャンもしくは求道者であることが条件ですが、中には条件を課さない大学もあります。
 指定校推薦を利用できるのは総進文理コース・特進文理コース・英語科の生徒のみです。
 
<<学校法人 聖書学園 千葉英和高等学校>> 〒276-0028 千葉県八千代市村上709-1 TEL:047-484-5141 FAX:047-487-5466