キリスト教 教育

   
 
 
 
「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」
(コリントの信徒への手紙- 13章13節)
 
 
 
 
キリスト教に基づく人格教育
 千葉英和高等学校の教育の土台は聖書です。一人ひとりにかけがえのない存在としての価値が与えられていることを知り、神に愛されている者として他者との違いを喜んで受け入れ、それを尊重し、真に平和な世界の形成者となることを目指しています。
 
 教育理念(建学の精神・校訓等)についてはこちら 
 
礼拝
 毎週月曜日に学校礼拝の時間があります。
 チャペルにて讃美歌を歌い、聖書の朗読や説教に耳を傾け(傾聴)、自らを省みて(内省)新たな一週間をスタートする時です。
 礼拝は講師の方をお招きしての特別礼拝や、宗教系クラブ(聖歌合唱部・ハンドベル部・オルガン奏楽部・聖書研究部コイノニア)を中心に行われる賛美礼拝、キリスト降誕劇を中心としたクリスマス礼拝「英和のクリスマス」などもあります。
 
聖書の学び
 聖書は、世界のベストセラーで今なお多くの人に読まれ、影響を与え続けています。
 1年次と2年次に週2時間、聖書の授業があります。本校ならではの教科です。
 1年次には、「人間(自分)とは何ものなのか」を一緒に考えます。2年次には、「生きる」ということを探求しつつ、自分の進むべき道で何を最も大切にしなければならないかを求めながら聖書の思想に迫ります。
 一方的な講義形式ではなく、自ら考え、対話をし、研究発表を通して互いに学び合うときです。
 

今週の説教

今週の説教
フォーム
 
学校礼拝説教「ボク 悪い〇〇じゃないよ!」
2021-10-11

サウロはエルサレムに着き、弟子の仲間に加わろうとしたが、皆は彼を弟子だとは信じないで恐れた。しかしバルナバは、サウロを連れて使徒たちのところへ案内し、サウロが旅の途中で主に出会い、主に語りかけられ、ダマスコでイエスの名によって大胆に宣教した次第を説明した。それで、サウロはエルサレムで使徒たちと自由に行き来し、主の名によって恐れずに教えるようになった。

使徒言行録9章26-28節

 

 この聖書箇所では、教会の敵対者であったサウロが教会の仲間となる場面が記されています。教会の人々はサウロのことを警戒しながらも、バルナバによってサウロの回心を知り、仲間として受け入れるのです。

 はじめは「敵の一人」として警戒していたが、バルナバによって「サウロ」という一人の人として改心した姿が示され、仲間となったのです。

 「仲間」「友達」という言葉は高校生活の中で多く語られる言葉です。その「仲間」ということにおいて、仲間であることを強調し、証明するためにルールを課そうとする人たちもいます。確かに何かしらのルールを定め、ルールに従うのなら「仲間」とする方が「仲間」であるということはわかりやすく、楽です。また、グループの秩序を守るため、意図的に仲間はずれを生み出すことで仲間意識を強めるという側面もあります。「仲間」であるためのルールを定めるとき、そのルールを最も有効に活用するためには、ルールを破る者が必要になってくるのです。しかし、それが本当に「仲間」「友達」であると言えるでしょうか。

 一方で教会がサウロを受け入れたときのように、仲間であるためのルールを定める事なく、目の前にいる人を、一人の人として見て受け入れるということは楽なことではありません。しかし、私たちがこの世界を共に生きていくためには、目の前にいる人を一人の人として観るということが大事なのだと思います。その人の持つ背景を考え、理解し、その人が生きている事実を認めることです。私たちは誰かと関わるときに、相手のことをちゃんと知ろうとすることが大事なのではないでしょうか。

 相手を知るということを諦めないで欲しいと願います。人生において心から信頼でき、安心できる「仲間」「友達」は必要な存在です。目の前にいる一人を人として大切にする。一人の人として知ろうとすることは、大切な「仲間」「友達」を見つける手段になると思います。

聖書科 S・A

 
学校礼拝説教「Love never fails」
2021-10-04

愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。愛は決して滅びない。

コリントの信徒への手紙Ⅰ13章4-8節

 

 聖書は「愛」こそが決して滅びないものなのだ、と断定する。しかしこの「愛」は「友情」とか男女の愛、つまり「情愛」というものではない。神が私たちに対して示している愛「アガペー」だということだ。どんなに皆さんが「神なんかいるもんか!」と言おうとも、それでも愛している。そして決して皆さんを嫌うことも、見捨てることもない愛。そのような愛は決して滅びないというのである。

 本日の聖書箇所は結婚式でよく使われる聖書箇所である。私は15年くらいウェディングの仕事をしていたけれど、キリスト教式の結婚式場のほとんどがこの聖書箇所をプログラムに載せている。確かに結婚式にふさわしくみえる言葉であるけれど、本来的にこの箇所は人間関係が壊れてしまった教会に対して、パウロがその修復のためにアドバイスを送った箇所である。だから結婚式よりもむしろ、人と人との関係が絡み合っている、この学校のような場所でどのような愛を示していくのかということについて素晴らしいティーチングを与えてくれる。すなわち神に愛されている私たちがどのような愛を周りに示していくべきかということを教えているのである。

 長いオンライン授業を終え、今日からやっと本来の学校生活が皆さんに戻ってきた。期待している人もいれば、なんか疲れたなという人もいるだろう。しかし「人がひとりでいるのはよくない」と聖書が言うように、やはり他者との関わりの中で生きていくということが人間として生きる目的の一つなのである。今日この新しい再スタートの時、7節と8節を中心に愛の本質を語る一文を深めていきたい。

 

1. 他者を励まし、支えることを忘れない

 本日の聖書箇所の7節以降には「(愛は)すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。」とある。日本語の聖書や伝統的な英語の聖書では「我慢する」「忍ぶ」とされていることが多い。我慢することが愛なの? 確かにそういう側面もあるかも知れない。しかしもう少しこの箇所の言葉を注意深く見ていく必要がある。この箇所は雨漏りしないように屋根をしっかり張るという意味の語(ステゴーというギリシャ語)が用いられている。ステゴーというギリシャ語は本来的には「守る」「カバー」するという意味が自然な言葉なのである。だから最近の英語の訳では「protect」と訳されている。 

 パウロはまず「お互いに守り合うこと」こそが「アガペー」、つまり愛の本質だと語っている。具体的に守り合うとはどういうことだろうか。それは皆さんの周りの人が倒れないよう支え、励ますという態度を選び取ることである。神様はいつも私たちに対してそのようにしてくださっている。同じように私たちも周りの人たちを「守り合う、支え合う、励まし合う」態度を選ぶこと。それが愛の実践だということである。

 ある人は相手の欠点ばかりが目に付くかも知れない。あるいは根性をたたき直すのに励ましは役に立たないと思う人もいるかもしれない。それでもこの与えられた人間関係の中で「守り合うこと」を実践して欲しい。

 

2. 相手の存在に感謝をし、その人ともつ人間関係に対する期待感を持ち続ける

 「信じ」は信仰に対しても使われる「ピステウオ」というギリシャ語が使われている。パウロは愛の実践とは、私たちが神を信じるように相手を信じるところから始まると勧めている。ある人は相手が裏切ったらどうしようと思い、信じることが怖く感じるかもしれない。確かに人間関係においてこの怖れはつきまとう。人間は間違う存在だからである。しかしパウロは相手を信じることが愛の実践だと言う。それはなぜか。「疑い」という破壊的な思いを締め出すためである。「疑い」とは私たちの大切な人間関係を壊す毒薬のように作用することがある。

 だから何よりも私たちは、信じ続けることを選ぶ事が大切なのである。それが「アガペー」なのである。ある人は、「それじゃあ裏切られたらどうするんですか!」と思う。しかし人間関係の基本は相手を変えることではなく、私が正しい選択をすることなのである。まず自分が、相手が裏切るかも知れないという疑いの毒を自分から締め出すことである。一度疑いの思いで心が一杯になってしまうと自分がもつ人間関係が崩れてくる。そして最終的に神様と私たちとの関係にも影響を与え、神様さえ疑ってしまう。日本で有名な歌、「贈る言葉」で「信じられぬと嘆くよりも、人を信じて泣く方がいい」という名言がある。これは聖書の真理でもある。

 たとえ人に裏切られても神様は私たちを見捨てないし裏切らない。しかしそういう神様の愛に対して疑いが起きてしまうほど「疑い」というものにはパワーがある。私たちは疑いに振り回される人生というものに自ら終止符を打つ必要があるのではないだろうか。何よりも疑いの毒を皆さんの大切な人間関係から締め出そう。

 もう一つ触れたいのは、「望み」つまり「期待し」という言葉である。これは良いことが起きるという確信を持って将来を見ることを指している。聖書の基本単語の一つである。神の与えてくださる希望をも表している。それと同じように人間関係をまず「信じる」ことからスタートするときに、それは将来への希望を生むのである。その相手の人と一緒になるならきっと素晴らしい将来がやってくるという期待感が生まれてくるのである。皆さんに与えられた大切な人との人間関係は偶然ではない。神様がその関係を通してすばらしい何かの将来を見せてくださるために出会わせてくださったのだ。そういう期待感を私たちは忘れてはいけない。

 

3. 困難や試練を一緒に超えていこうと決断する

 「耐える」という言葉に使われているギリシャ語は、土台にしっかり立って耐えることを指す。これも聖書の基本単語でまさに「忍耐」を指す。どんなことが起きてもあなたの傍らの大切な人と一緒に土台に立ってしっかり耐えなさいとパウロは語る。どうだろう? 私たちは試練に遭うとどうしても人のせいや状況のせいにしたくなるのではないか。特に身近にいる人のせいにしてしまうことはないだろうか? しかし困難な時であっても一緒に土台の上に立つという決断こそが、真理の愛「アガペー」だと聖書は語っている。私たちがこの大切な相手の人と一緒にこの試練を超えていこうと決断することなのである。そのために神は相手を私のそばに置いているのだと認識することである。これが聖書が語る「アガペー」の愛の行動であり希望に結びついていくのである。そして私たちがもつ人間関係の中に決して消えることのない絆が生まれるのである。だからこそ有名な結論をパウロは語る。

 Love never fails 「愛は決して滅びない」

 

 皆さんは、現在の友達との人間関係も大切だろう。そして将来もっともっと大切な人間関係を育む必要が出てくるだろう。夫婦や子供との関係、仕事での人間関係などなど…。決して滅びることのない愛「アガペー」を実践することによる絆というものをこの場所でぜひ学び続けて欲しい。

英語科 S・W

 

入試での優遇制度について

入試での優遇制度について
 
牧師・教会推薦(高校入試)
 本校のキリスト教主義に基づく教育方針を深く理解し、それに貢献できるキリスト教信者、または求道者(洗礼を受けて
いないが定期的に教会に通っている者)の受験生は、特別の基準がありますので、募集要項の4ページをご覧のうえ、本校の宗務長(チャプレン)に直接連絡してください。
 
 
指定校推薦・キリスト教学校教育同盟校推薦(大学入試)
 年度によって多少変わりますが、昨年度の指定校の一部がスクールガイドに載っています。
 校内で選抜し、学校長が推薦します。キリスト教学校教育同盟校推薦はクリスチャンもしくは求道者であることが条件ですが、中には条件を課さない大学もあります。
 指定校推薦を利用できるのは総進文理コース・特進文理コース・英語科の生徒のみです。
 
<<学校法人 聖書学園 千葉英和高等学校>> 〒276-0028 千葉県八千代市村上709-1 TEL:047-484-5141 FAX:047-487-5466