キリスト教 教育

   
 
 
 
「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。」
(コリントの信徒への手紙- 13章13節)
 
 
 
 
キリスト教に基づく人格教育
 千葉英和高等学校の教育の土台は聖書です。一人ひとりにかけがえのない存在としての価値が与えられていることを知り、神に愛されている者として他者との違いを喜んで受け入れ、それを尊重し、真に平和な世界の形成者となることを目指しています。
 
 教育理念(建学の精神・校訓等)についてはこちら 
 
礼拝
 毎週月曜日に学校礼拝の時間があります。
 チャペルにて讃美歌を歌い、聖書の朗読や説教に耳を傾け(傾聴)、自らを省みて(内省)新たな一週間をスタートする時です。
 礼拝は講師の方をお招きしての特別礼拝や、宗教系クラブ(聖歌合唱部・ハンドベル部・オルガン奏楽部・聖書研究部コイノニア)を中心に行われる賛美礼拝、キリスト降誕劇を中心としたクリスマス礼拝「英和のクリスマス」などもあります。
 
聖書の学び
 聖書は、世界のベストセラーで今なお多くの人に読まれ、影響を与え続けています。
 1年次と2年次に週2時間、聖書の授業があります。本校ならではの教科です。
 1年次には、「人間(自分)とは何ものなのか」を一緒に考えます。2年次には、「生きる」ということを探求しつつ、自分の進むべき道で何を最も大切にしなければならないかを求めながら聖書の思想に迫ります。
 一方的な講義形式ではなく、自ら考え、対話をし、研究発表を通して互いに学び合うときです。
 

今週の説教

今週の説教
フォーム
 
「自分を構成するもの」
2021-02-15
2021年02月15日 学校礼拝説教
 
「自分を構成するもの」
 
青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。
コヘレトの言葉12章1節
 
 今日の聖書の言葉は、「若いときにこそあなたの創造主、言い換えれば、あなたを形作っているものに心をとどめよ。つまり、それを大事にするのだ」というように解釈することが出来るのではないでしょうか。「みなさんを形作っているもの」、それはみなさんが「かっこわるい」と思うことがらから避ける気持ち、そして「かっこいい」と思うものに近づこうとする気持ちとも言えるのではないでしょうか。
 貧しい人から奪い取ること。お金や権力を使って人に自分の言うことを聞かせようとすること。世界のことを考えず、自分や自分の周りに居る人のことだけの利益になるように働くこと。そんな事が本当に「かっこいい」ことなのでしょうか。
 「かっこいい」について考える事は、自らの「生き方」を考える事である。これは作家である平野啓一郎の言葉です。
英和高校で学ぶ若いあなたたち。自分の信じるかっこいいを大切にして下さい。みなさんのいのちは、神様から与えられた素晴らしいものです。みなさんの人生は、真剣に生きるに値する人生です。「かっこいい人生」を歩んで下さい。
 
聖書科 T・N
 
 
「苦難の中で」
2021-02-08
2021年2月8日 学校礼拝説教
 
「苦難の中で」
 
 涙と共に種を蒔く人は喜びの歌と共に刈り入れる。
 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は束ねた穂を背負い喜びの歌を歌いながら帰ってくる。
詩編126編
 
 旧約聖書には主にイスラエルと呼ばれる人々が神様と歩んだ歴史が記されています。どのような歴史かと言いますと創造、選び、滅亡、回復といった歴史です。今回はこのうちの滅亡と回復から学ぼうと思います。あなたは今、あなたらしく、あなたの人生を生きているだろうか。
旧約聖書に記されたイスラエルの滅亡。その第一歩は王様を立てることから始まります。彼らは初め、預言者を中心とする集団でした。ところがある時、こう言います。「他の全ての国々のように、我々のために裁きを行う王を立ててください」。その後の歴史は、王様をリーダーとする戦いの歴史です。「立ち帰れ」という預言者の声に耳を傾けず躍起になって歩んだ結果、彼らの国家は滅ぼされます。聖書の多くの部分が書き残されたのも滅亡後の時代だと考えられています。彼らがなぜ、そのようなことをしたのか。一つ言えることは、国家や土地を失うことだけが滅亡だと考えなかったためです。彼らにとって本当の滅亡は世界の流れに呑まれて信仰を失うことです。自分が自分であることを失うことです。そこから始まるのは苦難の歴史です。同調をよしとする他国の支配下で自分が自分であることを問うわけですから。しかしながら、その歴史は喪失の歴史ではありません。回復へとつながる歴史であります。
 あなたは今、あなたらしく、あなたの人生を生きているだろうか。あなたの言葉で話すことができているだろうか。あなたの心や感情、感性を日の当たらないところに追いやってはいないだろうか。それは我々の容姿と同じように、誰とも違うものであります。しかしながら、それで良いのです。我々が今、与えられたその命を消費して学ぶべきは諦めではないはずです。個性や自分という言葉を気にしながらも同調を賛美することを仕方ないと受け入れることでもないはずです。あなたには与えられた美しさや大切さがある。それがどのようなものかわからなくなることもあるかもしれませんが、本当の意味で失われることもありません。「涙と共に種を蒔く人は喜びの歌と共に借り入れる」。土の中で見えない種も、いずれは穏やかな穂を実らせることでしょう。
 
聖書科 S・O
 
 

入試での優遇制度について

入試での優遇制度について
 
牧師・教会推薦(高校入試)
 本校のキリスト教主義に基づく教育方針を深く理解し、それに貢献できるキリスト教信者、または求道者(洗礼を受けて
いないが定期的に教会に通っている者)の受験生は、特別の基準がありますので、募集要項の4ページをご覧のうえ、本校の宗務長(チャプレン)に直接連絡してください。
 
 
指定校推薦・キリスト教学校教育同盟校推薦(大学入試)
 年度によって多少変わりますが、昨年度の指定校の一部がスクールガイドに載っています。
 校内で選抜し、学校長が推薦します。キリスト教学校教育同盟校推薦はクリスチャンもしくは求道者であることが条件ですが、中には条件を課さない大学もあります。
 指定校推薦を利用できるのは総進文理コース・特進文理コース・英語科の生徒のみです。
 
<<学校法人 聖書学園 千葉英和高等学校>> 〒276-0028 千葉県八千代市村上709-1 TEL:047-484-5141 FAX:047-487-5466