文化系・宗教系クラブ

 
1
 
メカトロ俱楽部「WRO Japan 2022」千葉県予選大会 優勝
2022-08-10
 8月6日(土)千葉工業高等学校にて開催された国際ロボットコンテスト、「WRO 2022 Japan 千葉県予選会」レギュラーカテゴリー エキスパート競技 シニア部門において、メカトロ倶楽部から出場したチームが以下の成績を収めました。
 
 
優 勝
 チーム名:「MMX」
 

 この結果により、8月28日(日)浜松アリーナにて開催される「WRO 2022 Japan 決勝大会 in 浜松」への出場が決定しました。
 
 
メカトロ倶楽部「中学生対象 ロボット体験会」開催
2022-05-17
 
 5月14日(土)本校にてメカトロ倶楽部が、近隣の中学生を対象とした「ロボット体験会」を実施しました。
 システムが高価で専門的な知識を必要とするロボット製作とプログラミングですが、先端科学技術に触れ、困難を共に克服していくことで知識を高めあう喜びを、中学生の皆さんにも体験していただこうと今年度から企画しました。
 
 校長をはじめメカトロ倶楽部の顧問や部員が中学生を出迎え、LEGO社の教育用ロボットシステム教材「マインドストーム」のロボットプログラミングを使用し、「自分の頭の中で考えたことをロボットで表現する楽しさ」を体験してもらいました。
 
 ※今年度は初めての試みということもあり、八千代市内の「科学の甲子園ジュニア千葉県大会」に参加した中学校を対象に参加者を募りました。
 
 
メカトロ倶楽部「小林鷹之大臣、八千代市長を表敬訪問」
2022-01-18
 
 11月の「宇宙エレベーターロボット競技会」にて2大会連続で全国優勝を果たし、文部科学大臣賞も受賞したメカトロ倶楽部が、小林鷹之大臣(写真左)と八千代市長(写真右)を、12月にそれぞれ表敬訪問しました。
 
 
 
 実際に使用したロボットを持参し、優勝を掴み取るための工夫や苦労したこと、大会の様子についても報告させていただきました。温かい応援の言葉を頂戴し、3連覇に向けた意気込みをお伝えしました。 
 
 
メカトロ俱楽部「宇宙エレベーターロボット競技会」全国優勝
2021-11-12
 11月7日(日)に実施された「第8回宇宙エレベーターロボット競技会 全国大会オンライン」にメカトロ倶楽部から3チームが出場しました。
 「宇宙エレベーターロボット競技」とは、プログラミングロボット教材のマインドストームを使って製作したロボットで、天井から吊るした宇宙ステーションとの間でピンポン球を運搬し、制限時間内に運んだ球数やロボットの軽さを競う競技です。
 
(↑画像は大会公式YouTubeより引用)
 

 
<グローバル中高生部門>

優 勝
文部科学大臣賞(2大会連続)
 チーム名:「アルテミス」
 田中 佑樹・松浦 大希・奥田 優希・澤口 太樹・四戸 貴志(1年)
 
 
 

 
準優勝
 チーム名:「大」
 コーツ ジョシュア・小泉 天空・山本 一輝・朝日 智晴・宮内 瞭太(1年)
 
 


 チーム名:「マネージャー募集中」
 小坂 悠久・林 悠利・王 相植・星名 朱華・吉田 一騎(2年)
 
 

 
 
 
メカトロ倶楽部「WRO Japan 2021」全国3位
2021-11-12
 
 10月3日(日)にオンラインで行われたロボットコンテスト、「WRO Japan 2021 決勝大会」レギュラーカテゴリー エキスパート競技 シニア部門において、メカトロ倶楽部から2チームが出場しました。
 ロボットプログラミング技術を競うこの大会では、リモコンを使って人間が操作するのではなく、ロボット自身がセンサーを使って周りの状況を判断して進む自立型ロボットを使用します。
 与えられたミッションをクリアするプログラムの開発技術だけではなく、プレゼンテーション能力も問われるハイレベルな大会です。
 
(↑画像は大会公式YouTubeより引用)
 

 
第3位
 チーム名:D4C
 石井 敬吾(3年)・佐藤 令崇(3年)
 
【YouTube動画】
 
 

 
 チーム名:ミノの苦悩
 小坂  悠久(2年)・林  悠利(2年)
 
【YouTube動画】
 
 
メカトロ倶楽部「鉄道模型コンテスト 全国大会」理事長特別賞
2021-09-16
 8月20日(金)~21日(土)に新宿住友ビル三角広場で行われた、「全国高等学校鉄道模型コンテスト2021 全国大会」モジュール部門にメカトロ倶楽部が出場し以下の成績を収めました。
 
「理事長特別賞」(5位相当)
「ベストファンタジー賞」
 幾山 裕貴(3年)
 
 受賞作品は大会ホームページにも詳しく掲載されていますので、こちらもぜひご覧ください。
 →「鉄道模型コンテスト2021」全国大会 千葉英和高等学校ページ
 
 
メカトロ倶楽部「WRO Japan 2021」千葉県予選大会 優勝
2021-09-16
 8月6日(金)に千葉工業高校で行われたロボットコンテスト、「WRO Japan 2021 千葉県予選会」レギュラーカテゴリー エキスパート競技 シニア部門において、メカトロ倶楽部から6チームが出場し以下の成績を収めました。
 
優 勝
 チーム名:D4C
 石井 敬吾(3年)・佐藤 令崇(3年)
 
準優勝
 チーム名:ミノの苦悩
 植村 豪輝(2年)・林  悠利(2年)
 
第3位
 チーム名:四度目の正直
 吉田 一騎(2年)・星名 朱華(2年)
 
 
 この結果により、上位2チームは10月3日(日)にオンラインで行われる「WRO Japan 2021 決勝大会」への出場権を獲得しました。
 
 ※決勝大会は8月28日(土)に実施予定でしたが、10月開催へ変更となった関係で、「ミノの苦悩」チームは植村(2年)から小坂(2年)にメンバーチェンジします。
 
 
メカトロ倶楽部「WRO Japan 2020」決勝大会進出
2020-12-07
 11月28日(土)「WRO Japan 2020」本部選考会がオンラインで行われ、本校メカトロ倶楽部のチーム「四階堂ふみふみ」が2回戦で着実に得点を重ねて高得点を獲得し、12月12日(土)の「WRO Japan 2020 決勝大会 on the WEB レギュラーカテゴリ」(全国大会)へ進出することになりました。
 
 WRO(World Robot Olympiad)とは、レゴ社のロボットセットを利用した国際的な自律型ロボットコンテストです。今年は国際大会が中止になり、国内大会もネットワークを利用したオンライン大会となりました。本校のコンピュータ室からZoomを使って大会に参加しました。決勝大会もオンラインで開催される予定です。
 
 
メカトロ倶楽部「宇宙エレベーター競技会」全国優勝・文部科学大臣賞
2019-11-14
 11月4日(月・祝)神奈川大学で実施された「第7回宇宙エレベーターロボット競技会全国大会」中高生初級部門にメカトロ倶楽部が出場し、全国優勝という快挙を成し遂げ、文部科学大臣賞を受賞しました。
 
 
<中高生初級部門>
 優 勝
 文部科学大臣賞
 
 
 
 「宇宙エレベーターロボット競技」とは、プログラミングロボット教材のマインドストームを使って製作したロボットで、地上4mに設置した宇宙ステーションにピンポン球を運び、その数やタイムを競う競技です。4枚目の画像が競技会場の様子です。
 
メカトロ倶楽部「宇宙エレベーターロボット競技会全国大会」5位
2018-11-19
 11月11日(日) 神奈川大学で実施された「宇宙エレベーターロボット競技会全国大会」中高生初級部門に、本校メカトロ倶楽部のチーム「DokiDokiメカトロ倶楽部」が出場しました。惜しくも入賞は逃しましたが、5位に入る高得点を挙げて善戦しました。
1
<<学校法人 聖書学園 千葉英和高等学校>> 〒276-0028 千葉県八千代市村上709-1 TEL:047-484-5141 FAX:047-487-5466